上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.11 ★雪の故郷

私のホームページ 『うみねこが舞う、漁業と原発の町の議員活動』

 雪化粧の故郷の写真 
 昨日、私の住む宮城県女川町はこの冬何度目かの雪が降りましたが、この時期にしては珍しく大雪になりました。
 【夫の寝室から写した吹雪ですが、外に出ない限り寒くはなく、風情があって美しく見えました】 
s-fubuki-100206-2.jpg


 例年だと一冬に降る雪の回数は3回から5回位で、そして3月の春彼岸(3月20日前後)頃に、湿った大雪(ドカ雪と言います)が降って春本番となるのです。

 しかし昨日の大雪がそれだとは時期的に早過ぎ言えないようなので、今後も何回か降るかも知れません。
当地での今年は雪の降る回数が例年よりずっと多く、やはり地球温暖化の影響の異常気象なのでしょうか?
 もっとも夫は、「ここは昔はもっと雪が多かったし、寒さも厳しくて海面も氷が張ったんぞ」と言っていますから、素人の私が断定するのは止めた方が良さそうですね。

 ところで昨日、私の実家から、実家の周辺の雪化粧の写真をメールで送って来ましたので、紹介しましょう。
実家は岩手県一関市で、海が目の前の我が家と違って山奥です。
ですから寒さも雪の多さも、こことは比較にならないのは言うまでもありません。

【実家の目の前にそびえる山で、烏兎ヶ森と言います。読めるでしょうか?・・・答えは『ウドガ森』です。遠くからも見えて一見、標高があるように見えますが、意外と低いのですよ。わずか351mです。】x-jikka (2)
【杉木立の左端にかろうじて写っている実家。兄は何故自宅を正面に写さなかったのか不思議です】x-jikka (5)
【実家の庭先の南天の赤い実は、軒先に近接していて冠雪が少なく、雪の重みに耐えています】
x-yuki (3)


 面白い事に気付きました。
4枚の写真を比べて見たら、温暖な宮城県女川町の我が家で写した吹雪の方が、岩手県一関市の雪の降り止んだ後の風景よりも厳しい冬を連想させますよね?

 『写真って事実を写しますが、時には真実を反映しない事もあるのだ』と、考えたのですが、これは私の大いなる間違い・勘違いなのでしょうか?
どなたか、教えて下さいませんでしょうか?

 それはともかく、もうすぐ本格的な春がやって来ます。
花粉症でお悩みの方、大変でしょうが頑張って下さいね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rikkotan.blog14.fc2.com/tb.php/17-402d7bc8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。